後妻業の女のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「後妻業の女」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

相手の女性は田中久子と名乗った。72になる父が突然、再婚すると言い出したのだ。久子さんとは結婚相談所で出会ったのだそうだ。

67歳だそうだが、年の割には色っぽく、若いころはもっと美人だったのかも知れない。主人を亡くし子供もいなかったので、今は一人暮らしをしている。

昔、看護師をやっていたので、今は近くのクリニックで手伝い程度の仕事をしているのだとか。

そして、3か月後に父は再婚した。挙式なし、披露宴なし婚姻届けだけの提出だった。

久子さんは元看護士さん。だから、父は自分にもしものことがあったら面倒を見てもらえるという打算がるのだろう。久子さんも結婚した方が安定するし遺産相続も少しはあるだろう…というお互いのメリット故の結婚でもあるのだろう。

しかし、それを差し引いても久子さんは申し分のない後妻だった。パートに行くときもちゃんとご飯を用意して出かける。気立てもいいし働き者…とのろける父。

「久子さん今日もバイト?」
「週に二日、前に勤めていた白金の方の病院に通っているんだ」

白金台のとあるマンションの前。久子が佇んでいる。「何かご用ですか?」と中の人に声をかけられるが「いいえ」と静かに答えた。

その目は何か不気味な静けさを感じさせるものだった…

後妻業の女のネタバレ感想

後妻業ってことばをご存知な方ならば、この先どうなるのか読めると思います。ただ、やり口があまりにもエグイ。もう、集金ロボットかよって思ってしまう冷徹さです。

サイト内で「後妻業の女」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

次の記事: 情熱のアレのあらすじと結末のネタバレ感想
前の記事: 黒異本のあらすじと結末のネタバレ感想
当サイトへようこそ!
ネットで購入した商品をレビューするブログです。
更新情報
カテゴリー
Copyright (C) ウキウキ通販. All Rights Reserved.