依存の楔のあらすじと結末のネタバレ感想


サイト内で「依存の楔」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

何かに追われるとし。もう、ずっと何かに追われているのだ。辺りは暗闇でなにも見えない。

「助けて・・・」

手を伸ばすと誰かの手が触れた・・・

「大丈夫ですかとしさん!」

一緒に同棲生活を送っているまちだ。としを心配して目を覚まさせてくれたのだ。まちはとても心配そうにとしに抱き着いてきた。

ほんの数日前までとしは眠り続けていたらしいのだ。どうしてそうなったのか自分でも分からない。いわゆる、記憶喪失というやつだった。

そして、気が付くとこの”まち”がかいがいしくお世話をしてくれていたのだ。とても人懐こいまちなのだけど、キスなどの深い関係のスキンシップはどうも抵抗を感じてしまうとしだった。

いったい、としの失われ記憶とは?そして、ふたりの関係とは・・・

依存の楔のネタバレ感想

まちが純粋無垢って感じで憎めないんですよね。としの記憶の回復とともに二人の関係はどうなっていくのか・・・続きは以下のリンクから読めますよ!

サイト内で「依存の楔」と検索
↓ ↓ ↓
こちらで無料の試し読みができますよ

前の記事: 情熱のアレのあらすじと結末のネタバレ感想
当サイトへようこそ!
ネットで購入した商品をレビューするブログです。
更新情報
カテゴリー
Copyright (C) ウキウキ通販. All Rights Reserved.